スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

藤本美貴が最近絶好調

 このたび、入籍の記者会見を開いた庄司智春と藤本美貴。

 晴れて新妻となったミキティではあるが、庄司との熱愛報道に前後して、バラエティ/情報番組での露出が急激に増えた。そして、見ていると思うのが、そのコメントにそつがなく、意外に「しゃべれる」ということ。笑いに関するコメントも結構適確だったりして、ダンナの笑いのセンスを学んだの? というよりも、ダンナよりセンスある? と思うこともしばしば。

 加護亜依やゴマキの弟の問題など元メンバー関連のトラブルと前後して、かつて彼女が所属していたモーニング娘。およびハロプロ系列のタレント人気やテレビの露出は全盛期に比べて激減している。

そんななかでのミキティ人気、その一番の理由は、やはり熱愛→婚約に至る話題性であることは間違いないのだが、どうしてこんなにミキティ需要が高まったのか。あるテレビ関係者が言う。

「確かにすごく露出は増えてますよね。それはその通り、まずは話題性でしょう。そしてトークもできて知名度もまあまあある。それでいて、売り方も変わってきたのか、お手ごろ価格っぽい、というところでしょうか」

 この「トーク力」が、意外な掘り出し物だった印象があるが、そこについてはこんな意見がある。モー娘。やハロプロタレントにくわしい雑誌編集者は、こう言う。

「実は藤本美貴は、もともとバラエティタレントとしてのポテンシャルが高いんですよ。グループの中でもトークはもともとできるほうだったうえに、昔から空気を読んだ受け答えができる。そこに、庄司と付き合うようになったことで、芸人的な空気の読み方も理解できるようになったわけなので、いろんな状況が、ようやく彼女の真価が発揮できるようなものになってきたということなんじゃないでしょうか。

もともとソロでやってきて、モー娘。が下火になってからのテコ入れ加入だったこともあって、彼女が入ってからの目立ったヒットもない。おまけにリーダー就任間もなく熱愛報道で、すぐ脱退と、グループ活動があまり合ってなかったのかもしれませんね」

 ハロプロ系タレントで現在テレビ界で活躍しているのは、矢口真里と里田まいのヘキサゴンファミリーと、NHKや『メレンゲ』などで安定した感のある、あやや。そしてママドルとして復活した辻ちゃんといったところだが、このまま寿ムードにのって、これらハロプロ勝ち組の仲間入りできるだろうか。前出のテレビ関係者はこうみる。

「あややのように強いキャラクターがあるわけでもなく、『おバカ』とかいったウリもとくにない。昔から特になにもないというか、突出したところもないんです。ただ、そこがいい感じに今は、はまっているといえるんじゃないでしょうか。

あいづちをうったり『すごーい』とか、盛り上げるのはうまい。だから、たとえば『レッドカーペット』の審査員みたいな、たくさんいる中の一人としては、ちょうどいい。一人ゲスト向きではないんですね」

 吉本芸人の夫婦といえば、陣内・紀香夫妻や木村・えみり夫妻のように、うまくいかない例が最近多いが、この二人は、祝福ムードのまま、順調にやっていけるだろうか。バラエティ系の作家に聞いた。

「彼女が、庄司さんのやっているバカなことを、面白がってくれてるから、二人の間では大丈夫じゃないでしょうか」

 ちなみに、芸人としての庄司の伸びしろはといえば、

「このところ、とても面白いですよ。それはひとつには、品川さんが、映画監督とか他の仕事が増えているので、時間ができたということもあると思います。元々センスで笑わせるほうでなかったのは確実で、ネタも品川さんが考えている。

それで、作れないなりに、身体に油を塗って動き回るとか、とにかく思いついたことをやってみたのがよかったんだと思います」

 このところ少しずつ辻ちゃんもバッシング傾向にありそうだが、

「彼女がベタベタやりすぎたり、いろいろ語り始めたりして、反感をかわなければ大丈夫じゃないでしょうか。もっとも、庄司がああいう感じなので、今のところ、『しょうがないなあ』と、つい許せちゃうバカップルの空気になってますから、そのへんを間違えなければ」

 ヒット曲『ハッピーサマーウエディング』には参加してないミキティだけど、ハッピーウエディング!
(文=太田サトル)

(日刊サイゾーより転載)
| 藤本美貴が最近絶好調 | 芸能界 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

女優 真中瞳、OL になっていた

JUGEMテーマ:人生論

週刊誌の「女性セブン」が伝えた「真中瞳ー海外留学から極秘帰国、OLになっていた!」によると、真中瞳は留学のため2007年夏にオーストラリアに旅立ち、そこで働きながら語学を学んでいたという。
 
昨年夏にはすでに帰国しているものの、所属していたワタナベエンターティンメントのホームページからは名前が削除され、今は所属不明のままだという。

また、CM関連のリサーチを行う銀座の企業に就職し、OLに転進したとも伝えている。

真中瞳は1979年生まれの29歳。

テレビでは「進め!電波少年」「ニュースステーション」「新・お水の花道」を経て、映画「ココニイルコト」では主役を務め、第26回放置映画賞最優秀新人賞を含む6つの映画賞を受賞するなど、女優としても大きな期待を寄せられていた。
 

ただ2003年に放送された主演ドラマ「メッセージ〜言葉が、裏切っていく〜」が最低視聴率を記録、途中打ち切りになりその後テレビに出る機会が減っていって、留学前は舞台での活動が中心だった。
 
OLから芸能界や、女優に転進した例として有名なところでは、「ソニー」のショールームの受付をしていた「東ちづる」がいるが、女優からOLに転進は珍しい。

芸能界より普通の生活を選んだということか。
| 女優 真中瞳、OL になっていた | 芸能界 |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

グラビアアイドル橘麗美に何があったのか?芸能界に嫌気!

JUGEMテーマ:気になること

 2008年日テレジェニックや主にグラビアアイドルの橘 麗美が自身のブログで、突然引退を表明した。


もともと歌手志望だったが、いつの間にかグラビアの仕事がメインになってしまっていた。本人は”グラビア・アイドル”なんて大嫌いだったそうだ。


親からも汚らわしいとか、エロ雑誌の表紙をやったときには”縁を切る”と言われたと言う。それでもグラビアの仕事は歌手になるためと自分に言い聞かせてがんばってきた。テレビにも「アタシんちの男子」に出演したり、映画「走り屋ZERO−ストリート伝説」では、ヒロインとして出演していた。


いろんな事情から、事務所の移籍を繰り返したりグラビアの世界からなかなか抜け出せなくて、テレビの仕事や雑誌にも出られなくなった。
決定的なのはマネージャーの裏切りにあったことや、事務所のトラブルに巻きこめれたことらしい。


ブログではほかに、芸能界のほとんどは使えなければ手ぶら、ティーバッグにさせ、それでもだめならヌードやAVをやらせて使い捨てる。と語っている。


これ以上汚い人を見たくないし、振り回されたくないし関わりたくない。もう誰も信じられないと綴っている。 芸能界の裏側が見えてきて嫌気がさしたのだろう。


橘 麗美はまだ23歳。いくらでもまだやり直せる。それにしても彼女の”親”はどんな親だ。本人の苦しい気持ちもわからず、応援してやろうというところが見れない。これではかわいそうだ。


よくヌードやAVに出る前に決断した。いい人にめぐり合って再出発してほしい。まだ”若い”いくらでもやり直せる。    

| グラビアアイドル橘麗美に何があったのか?芸能界に嫌気! | 芸能界 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

押尾学と矢田亜希子  離婚危機のゆくえ

JUGEMテーマ:気になること

 06年6月にドラマ「夢で逢いましょう」で共演した押尾学(31)と結婚。翌年11月に男児を出産し、ママ女優として活躍中の矢田亜希子(30)。

「いつ離婚してもおかしくない」と言われ続けてきたものの、意外と長持ちしているようだ。しかし、ここ最近、押尾の“ビョーキ”が再発。またまた離婚危機がささやかれているという。


「押尾のオンナ遊びがまた始まっちゃったんですよ。そもそも矢田チャンと結婚するときだって、“精算”が大変だったモテ男ですからね。

ちょっとスキがあると、すぐにフラフラとオンナを求めて歩き出しちゃう性格なんです(笑)」(写真誌記者)

いやはや、あんなカワイイ彼女をモノにしたのに、それでもモノ足りず、また違うオンナを追い求めているということか。浮気グセはそう簡単には治らないようで…。

 写真誌記者が続ける。

「最近、六本木のキャバ嬢と付き合いがあるとも言われます。押尾はその彼女のためにマンションまで借りてあげて、その部屋にほぼ毎日のように顔を出しているといいますからね」

押尾は来年2月公開予定の映画で、実に4年ぶりに俳優として仕事復帰を果たしてもいる。

「彼の場合、仕事が忙しくなるとオンナを作るというのが、いつものパターン。今回もちょうど忙しくなるタイミングですから、ドンピシャですね(笑)」(同)

女房の矢田チャンはというと、6月上旬に行われた人気アパレルブランドのファミリーセール会場で、店員に憤然と“値切り交渉”している恥ずかしい姿を女性誌にキャッチされていた。

「少し前に、自分が定価で買って家に届くのを待っていたワンピースが、そのセールで半額になって売られていて激怒したそうです。

芸能人なんですから、多少は目をつぶると思うのですが、かなりハデに立ち回っていたようで、居合わせたお客さんから失笑を買っていたそうです。

まぁ、よくいえば“しっかり主婦”といったところでしょうけど…」(女性誌記者)

矢田チャンも今年1月のドラマ「ヴォイス」で約2年半ぶりに女優復帰を果たして話題になっていた。

 「夫婦が忙しくなって、そこにつけこんでまた押尾の浮気が始まっていることを、彼女は気づいていたようです。セール会場で、そのたまっていたムシャクシャを発散させていたのでしょう」(ドラマ関係者)

また離婚問題がクローズアップされるかもしれない。

(内外タイムスより転載)
| 押尾学と矢田亜希子  離婚危機のゆくえ | 芸能界 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

いままでは”ハーフ”これからの芸能界は”クウォーター”


 
このところの芸能界の隠れたトレンドとして、クオーターに注目が集まっている。


クオーターは言うまでもなく外国人の血が4分の1流れていることだが、最近は祖父や祖母が他国籍のクオーターのタレントが急増し、ハーフ以上にもてはやされ、活躍しているのだ。


たとえば、映画やドラマの世界では――。


日米のクオーターでは、祖父がネーティブアメリカンの個性派俳優の浅野忠信、母親が日米ハーフの観月ありさ、祖父が米国人の香椎由宇。祖父がスウェーデン人の仲里依紗のようなタレントもいる。


ちなみに浅野は主演映画「劔岳 点の記」が大ヒット中。香椎はキリンビールのCMで連日顔を見かける人気者。観月の活躍はいまさら言うまでもないし、仲は若手で急成長中の女優だ。


音楽界も見渡せば、クオーターが多い。母がイタリア系米国人とのハーフなのがAI、祖父がトリニダード・トバゴ人なのが青山テルマ。


また、父がイタリア系米国人とのハーフなのがISSAで、先ごろISSAとの熱愛が報じられた人気モデルの藤井リナも偶然にもクオーターで、父親が日米のハーフなのだという。


モデルではタレントとして活躍する梨花の祖母がフランス人だ。


なぜ、最近、クオーターのタレントが増えているのか。放送作家が次のように分析する。


「一言で言えば、クオーターはハーフほど構えなくていいのが大きいと思う。ハーフは顔立ちもクッキリして目立ち、キャラが立っているけど、外国人っぽさが強くて近づきがたいイメージがある。


それに比べると、クオーターは当然ハーフよりも薄まっているから、日本人に近くてまろやかで親近感があります。


しかも、それでいてクオーターは日本人ほどノッペリしている感じがなくて、彫りは深いし、目鼻立ちも整っていてイケメン・美女揃い。


ありていに言えば、クオーターは日本人が抵抗なく憧れる対象になっているということです」


これまでは滝川クリステル、山本モナ、沢尻エリカのようなハーフがもてはやされたが、これから主流になるのはクオーターということか。


これからクオーターのタレントがどんどん出現しそうだ。


(日刊ゲンダイ2009年6月26日掲載)

| いままでは”ハーフ”これからの芸能界は”クウォーター” | 芸能界 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |