スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

ドラクエIXの幻のアイテム「まさゆきの地図」について

JUGEMテーマ:ドラクエIX
 

全国で300万本販売という大ヒット中の『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(以下、ドラクエIX)に、ドラクエユーザーなら誰しも欲しがる幻のアイテムの噂が飛び交っています。

その名も『まさゆきの地図』。今回の『ドラクエIX』は『たからの地図』をもらって、ダンジョンを探索するという寄り道があるのですが、一説にはダンジョンの種類は1677万通りだそうです。


ダンジョンではいいアイテムや、強いボスがいたりしますが、ダンジョンをクリアすると、新しい『たからの地図』がランダムでもらえます。より良い地図を求めて、日夜、ダンジョンを探索している人たちもいます。そういった、ハードドラクエユーザーが必ず欲しがる幻の地図が『まさゆきの地図』なのです。



その『まさゆきの地図』とは、経験値がやたらに高い『メタルキング』しか出てこない階のあるダンジョンの地図なのですが、その地図の最初の発見者の名前である『まさゆき』から『まさゆきの地図』と呼ばれるようになりました。


ガジェット通信編集部でも『まさゆきの地図』を入手して、実際にそんな階が存在するのか確認してみました。一匹見つけただけで、喜んでしまうような『メタルキング』が画面内に2匹いる写真を見てわかるように、『まさゆきの地図』の地下15階には『メタルキング』がウヨウヨいます。

正式名称は、『見えざる魔人の地図Lv87』で、発見者はまさゆきさんです


そして、一部では、『まさゆきの地図』は改造行為によるチートではないかという意見もありますが、以下のような理由で、チートではないという説が有力です。


「初めてまさゆきがメタルキングオンリー告白した時点で、特定のフロアに特定のモンスを配置するチートコードは存在しないし、未だにそんなコードは見つかっていない」


「そもそも、そんなコードを見つける必要がない。(わざわざそんなことしなくても、改造出来るならチートで経験値10倍とかにすればいい)」


「今現在、まさゆき地図を足がかりに、地図解析を行っている現状」


『ドラクエIX』では、『すれちがい通信』と呼ばれるDS同士の通信機能があるのですが、その機能を使うことで、地図の交換が可能になっています。


すれちがい通信で、『まさゆきの地図』を受け取るという幸運を狙って、都市部のターミナル駅ではDSを持ってウロウロしている人を見掛ける機会も増えているようです。


そこで、『まさゆきの地図』さえあれば、放課後のドラクエ大会でも大人気ですし、ドラクエ合コンでも大好評のはずです。ゲームの中だけでなく、現実のレベルアップにも使える『まさゆきの地図』の動向は今後も期待できそうです

(ガジェット通信より転載)

| ドラクエIXの幻のアイテム「まさゆきの地図」について | ゲーム |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

任天堂の新作のおせっかい機能

JUGEMテーマ:Wii全般
 

任天堂が2009年冬に発売する「スーパーマリオブラザースWii」の機能にこれは”いかがなものか?”と言う意見がネットで上がっている。

その機能というのはプレーイヤーがゲーム攻略にいきずまったとき、「自動的に攻略してくれる機能」だ。

任天堂によると(広報発表)、ゲーム初心者やゲームが苦手な人の場合、難しいシーンに入るとゲームをやめたり、ゲームは自分に向かないと思ってしまう場合があるという。

そうした”途中放棄”をなくし、最後までゲームを楽しんでもらおうと、ゲーム攻略を補助してくれる機能をつけることになったのだそうだ。
ただし、こうした機能をつけたゲームを今後続けるかどうかは未定だという。

ここでゲームというものについて考えて見ましょう。
本来ゲームというものは、難関を試行錯誤しながらクリアしていくのが醍醐味ではないでしょうか?

任天堂がいうゲーム初心者がすぐあきらめてしまう・・・ということについては「初心者向けバージョン」を作ればいいことだし、ゲームが苦手な人の場合は・・・については、ゲームが苦手な人ははじめからゲームは買わないと思います。

要するに任天堂側の考え違いだと思うのです。なにがなんでも出すソフト出すソフトを売りたいからこんなことになるんじゃないかな。
「自動攻略機能」はゲームをつまらなくすると思います。

今はゲームで失敗するとすぐに”リセット”して失敗を”帳消し”できる機能があまりにも当たり前になりすぎて、子供たちが安易に使って「失敗しながらも、耐えてやり抜こう」ということができなくなってしまっています。

本当は苦労して達成したときのほうが喜びが多いのに。そんな喜びも知らないのでは。

これは”ゲームの弊害”なんじゃないかな。ゲームで教育をとは言わないけれども、習慣というのはいつか出てきます。


ゲームがこれだけ普及し、国民のほとんどがゲームに接することができる今の時代にゲームソフトのポリシーというのは重要と思いますがいかがでしょうか?

絶対にリセットできないゲームがあってもいいのでは?

| 任天堂の新作のおせっかい機能 | ゲーム |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
| 1/1PAGES |